英語表記の役職!名刺にどう書く?【肩書き一覧】


名刺に肩書を英語で書く場合、おおよそ下記の一覧のようにするのが無難なようです。しかし、海外で用いる場合、国によって最適な約仕方があるようなので、その国で最適な肩書きを用いる必要があります。

Sponsored Link


相談役        Senior Adviser
会長          Chairman
副会長        Vice Chairman
社長          President
副社長        Vice President
取締役        director
専務取締役     Senior Managing Director
常務取締役     Managing Director
顧問         Adviser
監査役       Auditor
事業本部長     Division Director
部長・本部長     General Manager
次長         Deputy Manager
課長         Section Chief
課長補佐      Assistant Manager
係長          Sub section Chief
主任          Senior Staff
支店長        General Manager
社員         Staff・Member

■最近は米風の肩書を日本でも用いる企業も増えてきましたが、一人企業でCEOを用いるのは「え?」っと思ってしまうのは、私だけでしょうか?(by ニコリン)

最高経営責任者          CEO(Chief Executive Officer)
最高執行役員           COO(Chief Operating Officer)
最高技術責任者        CTO(Chief Technology Officer)
最高マーケティング責任者   CMO(Chief Marketing Officer)
最高情報責任者         CIO(Chief Information Officer)
最高財務責任者             CFO(Chief Financial Officer)

■肩書きマメ知識

どういうわけか、日本の銀行では、社長のことを「頭取」(とうどり)といいます。

Sponsored Link



関連記事&おすすめの記事


コメントを残す

サブコンテンツ